So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

「ニセモノなんか興味はないの セレッソだけを見つめたい」セレッソプレビュー J1-19 対ガンバ大阪 [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 大阪名物世界一決定戦 

[対戦カード] ガンバ大阪 - セレッソ大阪
(29日19時 吹田市・市立サッカースタジアム)

[予想メンバー]
FW 杉本
OMF 柿谷・山村・水沼
DMF ソウザ・山口
DF 丸橋・山下・ヨニッチ・松田
GK キムジンヒョン



[みどころ]水曜日のセレッソ大阪はルヴァン杯プレーオフ第二戦でコンサドーレ札幌とホームで対戦し、1-0で勝利。二戦合計2勝で堂々の勝ち抜けとなりました。直前のリーグ戦からスタメン11人を入替えカップ戦仕様のメンバーで臨みましたが、リーグ戦では出番の少ない選手やU23・U18の選手たちが躍動したおかげでしっかり勝ち切ることができました。

MF福満隆貴はこのプレーオフ2戦連発となり好調をキープしています。またMF木本恭生はリーグ戦とは違いセンターバックとして出場しましたが無失点で切り抜け結果を出しています。リーグ戦とカップ戦のメンバーがそれぞれ刺激し合ういい状態が続いており、国内三冠制覇に向けていい流れができているといえるでしょう。

今日の試合ではFW杉本健勇に期待します。およそ1か月後にはロシアW杯のアジア地区予選があります。前線にケガ人が続出しているため新戦力を起用することが考えられます。すでにハリルホジッチ監督は今シーズン成長した選手として杉本の名前を挙げており、注目していることは明らか。得点ランク上位をキープしておりいよいよ出番がやってくるのかと期待されています。大阪ダービーの大一番で結果を残せば監督の心に強く印象付けることが出来るでしょう。

[対戦相手]一方のガンバ大阪は中断期間中はファン感謝デーや非公開の練習試合を行いました。広島へFWパトリック・DF丹羽大輝が移籍し、入れ替わりで今夏加入したFWファンウィジョやDF西野貴治との連携強化を最優先に取り組んだ模様です。なおリーグ戦は鹿島・清水に連敗しており今日負けることで3連敗となり優勝は絶望的となります。

今季序盤はリーグ戦とACLをこなす過密日程に苦戦し、ACLでは日本から出場したチームでは唯一となる一次リーグ敗退となりました。またここまでホームゲームでの勝率が悪くリーグ戦では33%(アウェイは67%)です。スタジアム移転効果が薄れた今季はスタンドに空席が目立つ試合も多くみられ大声援に後押しされて力を発揮するという機会が失われているかもしれません。

大阪ダービーが吹田スタジアムで開催されるのは今回が初めてで、セレッソ大阪の多くの選手は吹スタでの試合は初体験となります。独特の雰囲気があるとされるスタジアムですので場の空気に呑まれることなくプレーできるかが鍵となります。いつも通りの実力を発揮すれば連勝記録が途切れることは考えられない相手です。首位チームの実力をしっかり見せつけて勝利しましょう。

[そのほか]新築で見やすく観戦環境は最高とされる吹田スタジアムですが、当初からアクセス面には力を入れていなかったため現在でも試合後の観客の「渋滞」は解消されていません。運営側は臨時バスの運行など対策を徐々に取り始めていますが今日のように首位チームを迎え満員のスタンドが予想される場合には大混雑は必至です。お帰りの時間には余裕を持っておきましょう。

2度目の大阪ダービーでこれが今季最後と思われがちですが、ルヴァン杯ではセレッソ大阪が一次リーグ突破し決勝トーナメント進出、ガンバ大阪もACL組シードで出場します。天皇杯でも両チームが順調に勝ち残っているため、あと最大3回対戦する可能性があります。くじ引き次第ではありますが、ライバル同士の熱い戦いが見られる機会はまだあるかもしれませんよ。


ホテル阪急エキスポパーク

ホテル阪急エキスポパーク

  • 場所: 大阪府吹田市千里万博公園1-5
  • 特色: 交通至便「大阪空港からモノレールで18分!」 万博公園の緑に囲まれたアーバンリゾートホテル



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「3点取られなければOKですが勝って突破したいですね」セレッソプレビュー YBC-PO2 対コンサドーレ札幌 [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 3点取られなければOKです 

[対戦カード] セレッソ大阪 - コンサドーレ札幌
(26日19時 大阪市・キンチョウスタジアム)

[みどころ]土曜日のセレッソ大阪はホームで浦和レッズと対戦し、4-2で勝利。開始早々から圧倒的な攻撃を見せFW杉本健勇が2点を取りその後もポスト直撃のシュートなど惜しいプレーが多々見られ何点入るのかというスタートでした。その後1点をかえされたものの2点を追加し4-1になったときには、7-5や9-1といった過去の記録を更新するのではと期待が高まりました。

ですが前半ロスタイムに1点をかえされ2点差となってしまったことで後半は守備を重視して試合を進め、前半は計6点記録しましたが後半は得点なしという極端な結果となりました。大量点に注目がいきますが、これで5試合連続で前半のうちに失点しており、ここは改善が必要なポイントとなります。

今日の出場メンバーは、土曜日の浦和戦、日曜日の鹿児島戦の先発メンバー以外が中心になるかと推測されます。カップ戦では好調のFWリカルドサントスやベテランDFの茂庭照幸、藤本康太の出場が有力視されます。アウェイで2点差勝利した結果、今日の試合の突破条件が緩くなっていますが、かといって油断は禁物です。しっかりと勝ち切る試合で週末の大阪ダービーへと良い流れを持って行きたいところです。

[対戦相手]土曜日のコンサドーレ札幌はアウェイでムアントン(タイ)と対戦し、0-1で敗戦。花試合ですので内容や結果は別にいいのですが、中断期間中に海外遠征をしたのは札幌とFC東京(ドイツ遠征)の2チームだけでこの点はとても好感が持てます。Jリーグが設定した中断期間の意図をしっかりくみ取り海外チームとの対戦で貴重な経験を積み成長したものと思います。

プレーオフ初戦・ホームで2点差負けを喫しており挽回するには少なくとも90分間で2点を取る必要があります。たとえセレッソがメンバーを落として札幌がベストメンバーであったとしても相当に厳しい戦いになることが予想され、そのためどのようなメンバー構成で臨むのかに注目です。セレッソ側からすると出場メンバーを見て「本気度」を測ることができそうです。

札幌とは今季すでにアウェイで2度対戦しておりリーグ戦では1-1の引分け、プレーオフ初戦では2-0で勝利となっており、今日が3度目の対戦、来月には再びホームでリーグ戦を戦う予定です。札幌は短い期間に2度の大阪遠征をするわけですが、7月24日は天神祭の花火大会、8月5日はなにわ淀川花火大会と大阪のビッグイベントと大阪滞在日が重なっており、担当者はホテルや移動便の予約に苦心したのではないかと推測します。

[そのほか]ルヴァン杯プレーオフの突破条件をかんたんに予習しておきましょう。セレッソは勝つか引分けで勝ち抜けとなります。また1点差での敗戦でも勝ち抜けとなります。0-2で敗戦した場合には延長戦・PK戦に突入することになります。3点差以上つけられての敗戦、札幌が3得点以上をあげて2点差での敗戦(1-3、2-4など)の場合は札幌が勝ち抜けとなります。

つまり札幌にとっては、90分間に2得点が必要条件となります。セレッソからみると2失点しなければ得点が無くてもよいわけで、初戦のアドバンテージは大きいものであったことがわかります。ここさいきんのように前半に失点をしていてはいけません。じっくり粘り強い守備を心掛けて試合に臨むことが大切です。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「前半に先制点を奪われると、またか・・と思ってしまいます」セレッソプレビュー J1-22 対浦和レッズ [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 先制点を与えないように! 

[対戦カード] セレッソ大阪 - 浦和レッズ
(22日19時 大阪市・ヤンマースタジアム長居)

[予想メンバー]
FW 杉本
OMF 柿谷・山村・水沼
DMF ソウザ・山口
DF 丸橋・山下・ヨニッチ・松田
GK キムジンヒョン



[みどころ]月曜日のセレッソ大阪はホームで国際親善試合・セビージャと対戦し、1-3で完敗。マンチェスターユナイテッド戦以来となる欧州の強豪チームとの対戦でしたが、壁は厚くいいところなく敗戦となりました。得点機を逃さない確実性、戦術理解度の高さ、カラダの強さなど、チーム立ち上げの時期なのにあらゆる面でセレッソを上回っておりワールドクラスの強さを目の当たりにしました。

リーグ杯プレーオフで札幌を完封した後、4試合連続で前半に先制点を奪われています。リーグ戦の東京・柏には後半に逆転し勝利できましたが、天皇杯の新潟には90分では追い付くまででしたし、この試合では追加点を奪われ敗戦しています。サッカーはたくさん得点が入る競技ではないので先制点の重みはほかのスポーツの比になりません。立ち上がりから慎重に試合を進め、失点せずに前半を終えることが大事になります。

今日の試合では韓国代表GKキムジンヒョンに期待します。前期の対戦では腰痛のため欠場しており満を持しての浦和戦となります。自身が出場しての完封勝ちは6試合前の6月4日の新潟戦までさかのぼらなければなりません。失点試合が続いているとはいえ神がかったセーブを何度も繰り返しており、絶対的守護神の座を譲ることはなく今日も安定したプレーを見せてくれることでしょう。

[対戦相手]土曜日の浦和レッズはホームで国際親善試合・ドルトムントと対戦し、2-3で敗戦。リードして前半を折り返しましたが後半に3失点を喫し逆転負け。前節、新潟戦は2-1で勝利したものの、その直前のリーグ戦では4試合連続で複数失点、それもすべての試合で後半だけでも複数失点をしており、DF面に大いに課題を残しているといえます。

前期の対戦では2週間で5試合ある中の5試合目で対戦して3-1でセレッソを圧倒しました。疲労感のあるチーム状態の中、前半で試合を決めようという意欲が強く感じられるハイペースの立ち上がりから前半で2得点、後半開始直後に1得点を挙げて余裕の試合運びでした。セレッソにとっては転機となった試合で、MF山村和也を前線で起用する布陣をはじめて実戦で試し、手ごたえをつかんだ試合でした。

このカードは長い歴史がありますが14勝5分14敗と勝敗が五分です。さいきんのホームゲームでは4戦連続負けなしとなっており、結果としてJ2降格となった14年シーズンでも、年間トータルで7勝しかできませんでしたがホームでは浦和に1-0で勝利しています。現状では1位対8位ですが勝ち点差は9しかなく、実力が拮抗しておりいい試合になることが推測されます。

[そのほか]前期の17試合は浦和と柏に敗戦した2敗のみでした。後期はすでに柏に勝利しましたので今日の試合を負けなければどのチームにもスイープ(連敗)されないという偉大な記録を達成することになります。昨年2部リーグでプレーしていたチームとしては出来すぎの結果です。

7月から8月にかけては前期に勝利できなかったチームとの対戦が続き、厳しい戦いが予想されます。それだけに熱烈な声援の後押しは勝利に欠かせないとても重要な要素となります。完売席種が続出していますが大きなスタジアムなので当日券がないことはないはずです。夏休みはスタートしたばかり。一番最初の思い出作りにサッカー観戦はいかがでしょうか。熱く激しい試合で盛り上がること間違いなしですよ。



大阪市立長居ユースホステル

大阪市立長居ユースホステル

  • 場所: 大阪府大阪市東住吉区長居公園1-1
  • 特色: USJへは約30分、中心街には約15分と立地もよく、緑豊かな公園に位置するとてもユニークな施設です。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「目指す目標が違うのでつまずくわけにはいきません」セレッソプレビュー EC-3 対アルビレックス新潟 [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ チーム状態に差があります 

[対戦カード] アルビレックス新潟 - セレッソ大阪
(12日19時 新潟市・ビッグスワン)



[みどころ]土曜日のセレッソ大阪はホームで柏レイソルと対戦し、2-1で逆転勝利。2試合連続でビハインドで後半を迎える難しい展開となりましたが、CKからFW杉本健勇が押し込み同点、右サイド攻撃からMFソウザが決め逆転となりました。総合的に見て、巧くて強い柏から逆転勝利を得るというのは素晴らしい結果であり首位奪取にふさわしいと感じました。

とはいえ、仙台・F東京・柏とリーグ戦では3試合続けて失点の仕方が良くありません。結果的に2試合連続で逆転に成功してはいますが、これからも同じようにいくとは限りません。まずは守備からチーム作りを始めたという初心を忘れることなく見つめ直して取り組んでほしいところです。

天皇杯3回戦は各地で16試合が開催されますがJ1チーム同士の対戦はこの試合のみです。「ジャイキリ」を楽しみに観戦するカテゴリー違いのチーム同士の対戦も見ごたえがありますが、すでにリーグ戦・カップ戦で2度対戦しているカードとはいえ、国内最高峰リーグ同士の対戦はきっと見ごたえがあるはずです。

[対戦相手]日曜日のアルビレックス新潟はアウェイで浦和レッズと対戦し。1-2で敗戦。展開はセレッソの試合と同じで、アウェイの新潟が前半に先制しホームの浦和が後半に逆転しました。新潟は敵地での対浦和は21戦連続で勝ちなしと相性の悪さも出てしまった形となりリーグ戦は6連敗でチームワーストに並び、最下位に沈んでいます。

新潟は逃げ切りを図るためDFを厚くしましたが、意思疎通がうまくできておらず、浦和が攻撃の圧力を強めたところ簡単に失点してしまいました。セレッソがMF山村和也をDFラインに下げる逃げ切りのフォーメーションを確立しているのとは対照的な結果といえます。呂比須監督はシーズン途中就任なので成熟度が足りないことは否めません。

新潟にとり大事なのはリーグ戦で巻き返しを図り逆転での残留を成し遂げることです。天皇杯を勝ち進むことのメリットは多くありません。試合間隔もセレッソが中三日に対して新潟は中二日であり、この後リーグ戦が中断期間に入るとはいえベストメンバーで臨むことは考えにくいといえます。国内三冠を目指すセレッソがここでつまづくとは考えにくいところです。

[そのほか]今季のリーグ戦最終節は今日と同じ場所、同じカードとなります。日本海に冬が到来し厳寒の12月2日の試合です。両チームがこのままの状態を続ければJ1優勝とJ2降格が決まる試合となります。ここまではセレッソのホームで2試合が行われセレッソが2連勝しています。今日と12月の試合で果たしてどんな結末が待っているのでしょうか。



ホテル日航新潟

ホテル日航新潟

  • 場所: 新潟県新潟市中央区万代島5-1 【楽天トラベルアワード2016受賞】 ■Wi-Fi全館完備 ■朱鷺メッセ新潟コンベンションセンターと隣接 ■2階にコンビニ有(7時半~20時) ■佐渡汽船まで徒歩約10分(連絡通路あり) ■添い寝のお子様無料
  • 特色: 客室は全室22階以上!31階展望室は、「日本夜景遺産」に選ばれました!



ANAクラウンプラザホテル新潟

ANAクラウンプラザホテル新潟

  • 場所: 新潟県新潟市中央区万代5-11-20
  • 特色: 新潟駅より徒歩約7分。地産食材を中心とした自慢のメニュー約80種を取り揃えた朝食が好評。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「これからの6試合は前期に勝てなかった相手との対戦が続きます」セレッソプレビュー J1-18 対柏レイソル [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ この時期の餅ダービーが首位攻防とは! 

[対戦カード] セレッソ大阪 - 柏レイソル
(8日19時 大阪市・キンチョウスタジアム)

[予想メンバー]
FW 杉本
OMF 柿谷・山村・水沼
DMF ソウザ・山口
DF 丸橋・山下・ヨニッチ・松田
GK キムジンヒョン



[みどころ]前半戦のセレッソ大阪は10勝5分2敗で2位。得点・失点はリーグ2位、得失点差・負け数はリーグ1位と開幕前には想像できなかったような上出来の内容で折り返すことができました。降格圏まで勝点21差(7ゲーム差)となっており降格を気にする必要のない成績です。当初目標の1ケタ順位も十分に達成可能でしょう。

開幕当初は守備に重点を置いたため得点が少なく厳しい戦いが続きましたが、軌道に乗ってからは持ち前の攻撃力が開花し6月は引分けた清水戦以外すべての公式戦で複数得点を記録しました。またここまで試合最終盤での失点はガンバ大阪戦のみで、最後まで集中・スタミナを切らさずに戦っていることがうかがえます。

この時期に行われる「餅ダービー」が首位攻防戦になるとは誰もが予想しなかったことと思いますが、今節を終えて首位に立つ可能性があるのは両チームと鹿島の3チームにしか可能性がありません。今日からのリーグ戦6試合は前期の対戦で勝利できなかったチームとの試合が続きます。厳しい後期のスタートとなりますが一丸で乗り切り秋に大輪の花を咲かせましょう。

[対戦相手]前半戦の柏レイソルは11勝1分5敗で3位。リーグ全体で見ると、得点6位・失点7位、得失点差6位・負け数4位です。セレッソ同様に開幕当初は波に乗れない戦いが続いたものの、10戦負けなしの好調期を経て前節、鹿島に敗れて首位を明け渡す形となりました。

好調を支えるのは急成長を遂げたGK中村航輔を中心としたDF陣です。J2時代もセレッソ大阪の前に立ちはだかった(当時所属福岡)中村ですが、前期の対戦でも好セーブを連発したおかげで完封負けを喫しています。今年は日本代表にまで登り詰めたので、GKキムジンヒョンとの日韓代表GK対決にも注目です。

前期の試合はDF丸橋祐介のミスから失点し、結果的にその一点が重くのしかかって完封負けとなりました。これが実に公式戦12試合ぶりの敗戦だったわけですが、現在のセレッソも公式戦11戦負けなしが続いています。つまり前回対戦のときと同じシチュエーションとなります。同じように12試合ぶりの黒星を喫してしまうのか、乗り越えて負けなしを継続するのか真価が問われる一戦です。

[そのほか]今日の試合は首位攻防戦ということもありチケットの売れ行きが好調のようです。7月から8月末にかけて公式戦が11試合ありますが、うち7試合をホームで戦えます。暑いし混雑している夏にアウェイが少ないというのは日程に恵まれているといえます。今季全勝のキンチョウ、無敗のヤンマーで地に足を付けてしっかり戦いたいところです。



大阪市立長居ユースホステル

大阪市立長居ユースホステル

  • 場所: 大阪府大阪市東住吉区長居公園1-1
  • 特色: USJへは約30分、中心街には約15分と立地もよく、緑豊かな公園に位置するとてもユニークな施設です。



長居パークホテル

長居パークホテル

  • 場所: 大阪府大阪市住吉区長居2-13-13
  • 特色: 駅近!長居公園・長居競技場すぐ傍、ビジネスレジャーの拠点として交通至便、快適環境が自慢です。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「ステージ制であれば優勝が懸る大事な一戦でした」セレッソプレビュー J1-17 対FC東京 [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ ファーストステージ優勝を狙います 

[対戦カード] セレッソ大阪 - FC東京
(2日19時 大阪市・キンチョウスタジアム)

[予想メンバー]
FW 杉本
OMF 柿谷・山村・水沼
DMF ソウザ・山口
DF 丸橋・山下・ヨニッチ・松田
GK キムジンヒョン



[みどころ]水曜日のセレッソ大阪はアウェイでコンサドーレ札幌とカップ戦プレーオフを戦い、2-0で快勝。前半終了間際にFWリカルドがヘッドで決めて先制、後半にはMF福満隆貴が浮き球のパスを胸トラップから流し込み追加点を奪いアウェイゴールを2としてプレーオフ突破へ大きく前進する勝利を挙げました。

リーグ戦で出場機会の少ないメンバー編成でも結果を残したことからチーム全体に「勝ち癖」がついていることがうかがえます。カップ戦とリーグ戦がお互いに切磋琢磨したいい流れでつながっています。カップ戦に出たメンバーは今日の試合では控えあるいはメンバー外となってしまうかと思いますが、気持ちの面で勝利への後押しをしてくれることでしょう。

リーグ戦の前節で負傷交代した日本代表MF清武弘嗣はおよそ2か月間の離脱となります。代役となるのは今日の試合が古巣対決となるMF水沼宏太です。鳥栖から昨季東京へ移籍しましたが思うような結果を出すことができず、ユンジョンファン監督に請われてセレッソへ期限付き移籍してきました。水沼以外にも元東京という選手が多くそれぞれ思い入れ強く試合に臨むことでしょう。

[対戦相手]水曜日のFC東京はアウェイでサンフレッチェ広島とカップ戦プレーオフを戦い、1-0で勝利。前半終了間際の得点で貴重なアウェイ勝利を得ました。若手中心だった広島に対して、控えメンバー中心だった東京が上回った形となりました。今日の試合では大幅にメンバーを入替えることが想定されています。

東京移籍後初めての古巣対決となるはずだったMF大久保嘉人ですが、こちらもリーグ戦の前節で負傷したため本日の試合は欠場となります。攻撃陣の層は厚く東京にとって大久保欠場の影響は少ないかもしれませんが、大久保との対戦を楽しみにしていたホームサポーターにとっては残念な結果となってしまいました。

リーグ戦では2戦連続で完封負けしており中位に甘んじています。開幕前は大型補強で優勝争いに加わる予想をした人も多かっただけに意外な結果ともいえます。後半戦、巻き返すためにも前半戦最後の試合を内容ある試合で締めたいと考えてくるはず。充実した内容の好ゲームが期待されます。

[そのほか]今日の試合で一巡目が終了。昨年までですとファーストステージ最終節となり柏が優勝するのかセレッソが逆転優勝するのかと関心が高まったわけですが通年シーズン制に戻ったため今日の試合を終えての順位は特別なものではありません。ですがプレーオフからの昇格チームであるセレッソにとってここまでの勝点32は残留を目指すには十分なものであり一定の成功をすでに収めているといえます。

二巡目は当初の1ケタ順位という目標を上方修正して、ACL圏内、夢のリーグ優勝を目指す戦いを繰り広げていけるかと思います。そのためには引分けを少なくし、一巡目で引分けていた内容の試合を勝ちに転換することが大事となります。勝ち切る試合を増やせばシーズン終了時に思わぬ幸せがやってくるかもしれませんよ。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「ドームの芝に映える顔 男 背番号24」セレッソプレビュー YBC-PO1 対コンサドーレ札幌 [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 先手必勝です 

[対戦カード] コンサドーレ札幌 - セレッソ大阪
(28日19時 札幌市・札幌ドーム)



[みどころ]日曜日のセレッソ大阪はアウェイでベガルタ仙台と対戦し、4-2で勝利。このカードのリーグ戦初対戦となった2003年以来、ユアスタで2度目の勝利をあげました。相手のミスを見逃さない攻撃と個人技術の高さを見せつけての大量得点でしたが、失点シーンはいずれも崩されてのものでDF面に今後の課題を残す結果となりました。

この試合では相手のラフプレーを受けたことで日本代表MF清武弘嗣が負傷退場してしまいました。ちょうど昨年も6月にFW柿谷曜一朗が相手のラフプレーにより負傷退場し長期離脱を余儀なくされてしまいましたのでその悪夢が頭をよぎることとなりました。セレッソ加入後、離脱は4度目となり本人にとっても悔しいケガだと思います。早く治してほしいですね。

今日の試合はカップ戦のプレーオフです。アウェイゲームからスタートしますので勝利は最高の結果ですが、引分け、特にスコアレス以外での引分けでもアウェイゴールルールがあるので第二戦につながるよい結果といえます。天皇杯で敗退した札幌には国内三冠の可能性はなくなりましたが、セレッソには国内三冠に挑む権利があります。プレーオフを勝ち抜き決勝トーナメントへ進みましょう。

[対戦相手]日曜日のコンサドーレ札幌はアウェイで柏レイソルと対戦し、1-2で敗戦。同点て迎えた試合終盤にFWディエゴオリベイラにゴールを奪われリーグ戦6連敗となり、大宮に抜かれて降格圏突入となりました。この期間の得点はわずかに2点と攻撃陣の奮起が必要な一方で3試合で後半終了間際に失点しており最後まで集中して戦うことも求められます。

カップ戦のプレーオフは今年新設された試合ですしリーグ戦で下位に沈む札幌にとってどんな位置づけなのかもわかりませんので出場メンバーが読めません。ですが札幌にとって優先すべきはリーグ戦であり特に次からのカードが大宮・清水と勝点が近いチームとなっておりこちらを優先するのが当然と考えられます。

[そのほか]2015年リーグ戦でのこのカードも平日(6月1日)に開催されましたが、その際にはFWフォルランが所属するなど豪華メンバーのセレッソ大阪に関心が高まり、平日ながら18044人もの観衆が訪れ大盛況となりました。当日券売り場の列が途切れず試合開始に間に合わなかった人もいたそうです。今日は急きょ決まったプレーオフですし厳しい条件ですが何人くらいの観衆が訪れるのでしょうか。

このカード、リーグ戦では3月11日にすでに札幌ドームで対戦を済ましています。まだ雪が残る寒い札幌でしたがドーム内はほどよい気候で観戦しやすかったです。この日はDFヨニッチの得点で先制しFW都倉賢の得点で追い付かれ引分けでした。2001年以降札幌ドームでは勝ち星がありませんので、前回のユアテックスタジアムのように苦手克服で勝利といきたいところです。


ホテルエミシア札幌

ホテルエミシア札幌

  • 場所: 北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目(新札幌駅前)
  • 特色: JR「新札幌駅」、地下鉄「新さっぽろ駅」駅からすぐ!大浴場もある高層ホテルです。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「今日負けたら筑波大より弱いと言われてしまいます・・」セレッソプレビュー J1-16 対ベガルタ仙台 [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 14年ぶりの勝利を目指して! 

[対戦カード] ベガルタ仙台 - セレッソ大阪
(25日18時 仙台市・七北田公園 ユアテックスタジアム)

[予想メンバー]
FW 杉本
OMF 清武・山村・水沼
DMF ソウザ・山口
DF 丸橋・ヨニッチ・山下・松田
GK キムジンヒョン



[みどころ]水曜日のセレッソ大阪はホームで天皇杯・新潟医療福祉大学と対戦し、2-0で勝利。序盤に相次いで得点を挙げたため昨年の初戦同様に大量得点かもと期待が高まりましたが、その後は大学生の懸命な守備とガッツあふれる攻撃で押され気味に試合が進み、控えに回っていたFW杉本健勇、FW柿谷曜一朗を投入しても追加点が奪えず消化不良感のある試合結果となりました。

この試合後の会見でユンジョンファン監督は「次戦は清武をスタメン起用する」と明言しました。多くはこれをMF水沼宏太との入替と見ているかと思いますが、柿谷との入替えではないかと推測します。開幕からなかなか調子が上がらず得点も少なく途中交代で下げられることもしばしばあり、明らかに昨年までとは状態が違います。思い切った策を取るかもしれませんよ。

[対戦相手]水曜日のベガルタ仙台はホームで天皇杯・筑波大学と対戦し、2-3で敗戦。筑波大に先手を取られる展開で始まり、一旦は逆転したもののセットプレーから追い付かれ、パスミスから速攻を許し再逆転となりました。昨年も初戦でグルージャ盛岡に敗れており、2年連続で初戦敗退です。クラブの中で天皇杯が占める位置はそう高くないのかもしれませんね。

リーグ戦ではここまで勝点21で11位です。4月に7・4・3失点と大量失点の試合が続きましたが天皇杯を除くここ5試合では1失点までで守備の立て直しに成功している模様です。公式戦8戦連続で得点を挙げておりFWクリスランを中心とする攻撃陣も充実しています。リーグ杯で一次リーグを首位通過しているように下位チームと侮っていると痛い目に遭う相手といえます。

セレッソにとって本日の試合会場「七北田公園 仙台スタジアム」は相性の悪いスタジアムです。このカード最初の対戦となった2003年5月10日に2-1で勝利して以来、4分5敗と次の白星が生まれていません(途中、宮城スタジアム開催で勝利しています)。

またこの対戦カードはこれまで22回行われていますが、2点差以上がついた試合は2回(1勝1敗)しかなく、拮抗した内容が続いています。J2の苦しい時期を共に過ごしたこともありライバルといえる関係かもしれませんね。

[そのほか]リーグ戦も残り2試合で折り返しとなり、セレッソは仙台-東京の順に対戦し一巡目終了となります。仙台は大阪-吹田と対戦します。仙台の二巡目は最初が神戸戦なので関西勢と3連戦することとなります。

スタジアムがある泉中央駅ではお昼からこの試合を盛り上げるための様々なイベントが繰り広げられるそうです。駅前にはアリオなど商業施設が多数あるほかスタジアムに隣接して七北田公園もあり、一日中楽しめるんじゃないかと思います。久しぶりの仙台を満喫して、勝利をお土産に帰りたいところです。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「3回戦で新潟ダービーなんてさせませんよ」セレッソプレビュー EC-2 対新潟医療福祉大学 [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ ACL出場権をかけた大事な大会です 

[対戦カード] セレッソ大阪 - 新潟医療福祉大学
(21日19時 大阪市・キンチョウスタジアム)

[みどころ]先週のセレッソ大阪はホームで清水エスパルスと対戦し、1-1で引分け。開始早々に元北朝鮮代表FW鄭大世にヘディングで得点を決められ、その後は引いて戦う相手に対して一点を追う難しい展開となり得点が遠く今季ホーム初敗戦となるかと思った終了間際に相手DFのハンドからPKを得てそれを見事に日本代表MF清武弘嗣が決めて何とか同点に持ち込むことかできました。

MFソウザを累積警告で欠いたことで、前線の攻撃陣への質の良いパス供給やソウザ自身の攻撃参加といったセレッソらしさが失われたたことが苦戦の一因となりました。代役を務めたMF木本恭生は十分にその役割を果たしたもののソウザのような存在感を発揮するにはまだまだです。これからの成長に期待します。

チームにとっての天皇杯初戦を迎えるにあたり「大幅にメンバーは変更しない」とユンジョンファン監督が述べており、清水戦のスタメンを踏襲したメンバーで挑むことが想定されます。清水戦からのおよそ1か月間は休みなく連戦が続く厳しい時期ではありますが、チームを更なる高みへ導くためにもコンディションと連携を高めていきたいところです。

[対戦相手]先週の新潟医療福祉大学は総理大臣杯北信越大会準決勝で新潟経営大学と対戦し、2-3で敗戦。県内のライバル校に敗れて挑む天皇杯2回戦となります。天皇杯は2年連続での出場となり昨年はカターレ富山(富山県代表)に0-1で敗れ初戦敗退となっていました。今年の一回戦は岐阜経済大学(岐阜県代表)と対戦し3-1で勝利しています。

新医大は地元のプロチーム・アルビレックス新潟と近い関係にあり地方リーグ所属ながらプロサッカー選手も何人か輩出している全国的に見ても有力校のひとつです。FW林純平は天皇杯一回戦でも得点を決めましたが、プロも注目する実力派の選手といえます。今日の試合でも彼の活躍がジャイキリにつながるわけでしっかりとプロの厳しさを見せつけたいところです。

[そのほか]3回戦以降の開催会場についての原則が発表となり、それに従いますと、もう一つのカードは「アルビレックス新潟-バンディオンセ加古川」なのですが、いずれのチームが勝利した場合でもセレッソの3回戦は敵地での開催となります。新潟が勝てばビッグスワンで、加古川が勝ては兵庫県下の会場での開催が予想されます。

下位カテゴリーのチームに「ホーム優先開催権」が付与されますので、セレッソがJ2・J3・都道府県代表のチームと対戦する場合には基本的に敵地開催となります。J1のチームと対戦する場合はトーナメント表で上のチームに優先権があります。3回戦の場合、新潟が上ですのでアルビレックス新潟に優先権があるということです。

これは下位カテゴリーのチームにとって「勝ち進めばホームで試合ができる」というモチベーションにつながりたいへん良い方針ではありますが、人気チームの試合が地方の小規模スタジアムで行われる可能性があり、興行面を考慮すると「勿体ない」となることも考えられます。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「We're the double difference in WP. Therefore We wouldn't lose a game.」セレッソプレビュー J1-15 対清水エスパルス [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 首位奪取めざして・・ 

[対戦カード] セレッソ大阪 - 清水エスパルス
(17日19時 大阪市・ヤンマースタジアム)

[予想メンバー]
FW 杉本
OMF 柿谷・山村・水沼
DMF 秋山・山口
DF 丸橋・ヨニッチ・山下・松田
GK キムジンヒョン



[みどころ]4日のセレッソ大阪はホームでアルビレックス新潟と対戦し、4-0で快勝。前半はやや新潟ペースで進みスコアレスで折り返しましたが、後半に獲得したPKをFW柿谷曜一朗が決めてからは一気に流れが来て得点ラッシュとなりました。先制点を奪われ描いていたプランが崩れた新潟には、セレッソ攻撃陣を止めることはできませんでした。

今日の試合では中盤を支えるMFソウザが出場停止となります。代役のボランチはMF秋山大地、MF木本恭生が想定されますが、先週の練習試合ではDF藤本康太が起用されており日本代表MF山口蛍とコンビを組むのが誰になるのかが注目されます。MF清武弘嗣は前節、負傷のため大事を取り欠場しましたが全体練習にも復帰し先発復帰を狙っています。

Jリーグは今節から夏シーズンに入り、秋になり涼しくなるまではナイトゲームが続きます。火曜日の代表戦は気温37度という灼熱の環境下で行われており終盤の選手の疲労は想像を絶するものだったようですが、Jリーグでは比較的涼しい時間帯の試合が続くことで、十分なクオリティが担保された試合が繰り広げられることを期待します。

[対戦相手]4日の清水エスパルスはホームでFC東京と対戦し、0-2で敗戦。その前の水曜日も同地で同カードがカップ戦で行われその際には2-1で勝利していましたがリーグ戦では上位の東京がキッチリと勝利を収めています。カップ戦で途中出場も負傷で途中退場となったFW鄭大世を欠いたことも影響したかもしれません。なお鄭大世はすでに戦列に復帰しています。

昨年はJ2第34節で対戦し、セレッソにとっては実に1998年以来となるホームゲームでの敗戦を喫して話題となった相手です。過去にホームでは18度対戦し、11勝3分4敗(通算でも17勝7分12敗と勝ち越しています)と圧倒的に相性のよい相手ですが、昨年の結果を受けて流れが変わったかもしれないので要注意です。

セレッソは反則ポイントが-9でリーグ首位、清水が-8でリーグ3位とフェアな戦いをするチーム同士の対戦となります。今日は大阪市民観戦デーでもあり初めてサッカー観戦に訪れる方も多くいるかと思います。そうした方に、清く正しく美しくそして強いセレッソサッカーを披露できるのではないかと思います。勝ち点が半分しかない相手にホームで負けるわけにはいきませんよ。

[そのほか]また本日は外国人観光客先着1000名ご招待という企画もあります。大阪観光に訪れた観光客の皆様に国内トップクラスのプロスポーツを見てもらおうというもので、こちらは予約が必要なく、当日パスポートまたは帰りの航空券を提示すればOKだそうです。周りに該当する方がいらっしゃいましたらちょっと誘ってみてください。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -
メッセージを送る