So-net無料ブログ作成
検索選択

「10日ぶりに決着をつける日がやってきました」セレッソプレビュー J1-8 対ヴァンフォーレ甲府 [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 10日ぶりに決着をつけに行きます 

[対戦カード] ヴァンフォーレ甲府 - セレッソ大阪
(22日14時 甲府市・山梨中銀スタジアム)

[予想メンバー]
FW 杉本
OMF 柿谷・山村・清武
DMF ソウザ・山口
DF 丸橋・山下・ヨニッチ・松田
GK キムジンヒョン

[みどころ]先週のセレッソ大阪はホームでガンバ大阪と対戦し、2-2でドロー。3年ぶりの大阪ダービーは先制を許す厳しい展開となりましたが、FW杉本健勇の2得点でいったんは逆転に成功。しかしながら後半ロスタイムに追い付かれて引分けに終わりました。試合全体はセレッソペースで進んだものの最後に追い付くというのはガンバの底力といったところでしょうか。

この試合では、連勝中の横浜・鹿島戦と違ってリードした終盤の逃げ切りにFWリカルドサントスを起用しませんでした。杉本が2得点を挙げたことも考慮されたかもしれませんが、いつも通りの5-4-1で鉄壁の逃げ切りを図っていれば展開は違っていたかもしれません。とはいえ前年4位相手に勝点を拾うことが出来たことは昇格チームにとって大きなことといえます。

今日の試合ではMF清武弘嗣の起用法がポイントになります。前節では清武投入後に2得点が生まれています。周りを活かすプレーでも自ら突破するプレーでも輝きを見せるワールドクラスのプレーヤーですが、故障明けでフル出場は厳しいかもしれません。先発起用しイケるところまでで途中交代なのか、チームが苦しい場面での交代起用なのか監督の腕の見せ所です。

[対戦相手]先週のヴァンフォーレ甲府はホームでアルビレックス新潟と対戦し、0-2で敗戦。新潟は今季初勝利です。いずれの失点もコーナーキック絡みのもので、セットプレーが得意のセレッソにとっては付け入るスキがありそうです。じっくり研究すれば必ず攻略できる相手で間違いありません。

この試合では故障のFWウイルソンに代わってFWドゥドゥが久々に先発起用されました。コンディションの問題でスタメン落ちが続いていましたが、90分フル出場したことにより試合感覚とコンディションを取り戻し良い状態に向かっているのではと推測します。Jリーグで実績のある選手ですので復調気配であれば要警戒といえるでしょう。

10日前、ルヴァン杯で対戦した際にはスコアレスドローに終わりました。お互いに控えメンバー中心の試合でしたので参考になる点は少ないでしょう。

甲府との過去のリーグ戦での対戦は、6勝7分5敗と互角の成績を残しています。ちなみに得失点はともに25でこちらも互角です。しかしながら特徴的なのはこのカードはお互いにアウェイ戦に強いということです。セレッソから見て、甲府ホームでは6勝2分1敗で大阪ホームでは5分4敗となっています。これほど特徴的な傾向が出ている対戦カードはあまりないと思います。

[そのほか]10日前に対戦した際には試合会場のある小瀬スポーツ公園は桜がきれいに咲いていてたいへん綺麗な状態でしたが、季節は進み今日はもう葉桜になっているものと思います。4月は武田信玄公の命日があり、甲府市ではさまざまなお祭りが開催され、一年でもっとも活気のあるシーズンのひとつです。JR甲府駅南口の試合会場へのシャトルバス乗り場の近くには、武田信玄像があり撮影スポットですよ。

今日から3週間はゴールデンウィークがあるため、週2試合のペースで土水日水土水日と厳しい日程となります。U23を編成しチーム構成人員の多いセレッソにとっては過密日程は有利ともいえます。うまくターンオーバーさせながら連戦を乗り切り、黄金週間が終わったころには首位争いをしているようになっていればいいですね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る