So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「BiSHはゲスト、たこ虹はファミリー、ボールは友達です。」セレッソプレビュー J1-4 対 浦和レッズ [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 杉本健勇は、よその子です 

[対戦カード] セレッソ大阪 - 浦和レッズ
(17日15時 大阪市・ヤンマースタジアム長居)

[予想メンバー]
FW 都倉・柿谷
MF 丸橋・清武・ソウザ・奥埜・舩木
DF 木本・ヨニッチ・山下
GK キムジンヒョン



[ここまでの順位]
14位 セレッソ大阪 勝点3 1-0-2 1得点 3失点
10位 浦和レッズ 勝点4 1-1-1 1得点 2失点

[みどころ]
水曜日のセレッソ大阪はヴィッセル神戸とアウェイで対戦し、0-0のスコアレスドロー。VIPトリオやMF山口蛍が出場していないターンオーバーした神戸との対戦でしたが、被シュートわずかに3に抑え守備面では十分な出来といえました。攻撃面では再び無得点に終わり課題を残した結果といえます。この試合でもFW都倉賢投入後の方がチャンスを多く作れました。

神戸戦ではU20日本代表で現役高校生MF西川潤が途中出場を果たし得点の期待が高まりましたが惜しいシュートを見せるにとどまりました。ですが期待値の高さに応えられるクオリティを見せたのでカップ戦だけでなくJ1・J3のリーグ戦でも出場機会がありそう。またDF瀬古歩夢もFWウェリントンを激しくマークし前を向くプレーをさせませんでした。こちらもリーグ戦出場に期待が高まります。

リーグ戦3試合、カップ戦2試合で計5試合をこなしたものの得点はわずかに2点、勝点も4しか取れていません。そろそろ初勝利が恋しくなってきたので先発メンバーのテコ入れがあるかもしれません。監督の評価が高いMF田中亜土夢のスタメン起用や出遅れたMF高木俊幸の起用など、まだ焦るタイミングではないですがズルズルいかないためにも何かしらの対策が必要です。

[対戦相手]
水曜日の浦和レッズは北京国安とアウェイで対戦し、0-0のスコアレスドロー。今季5試合を戦い無得点試合が3、無失点試合が4と守備の充実が光っておりよいチーム作りができていると思います。攻撃陣はケガ人や新加入が多くいるため時間がかかっているようですが、じきにフィットしてくるので強いチームになることが容易に推測できます。

FW杉本健勇はセレッソを離れるのが今季で3回目となりますが過去2回はカテゴリーが違っていたため出場すれば初めての古巣との対戦となります。ここまではFW興梠慎三とのコンビが合わずシュートを打つこともままならない試合がありましたが、北京戦ではアウェイの難しい試合で一定の存在感を見せるプレーができました。スタメン復帰のためにはゴールという結果が求められます。

[そのた]
先週の広島はアウェイ広州戦からセレッソ戦を迎え、今日の浦和もアウェイ北京戦からセレッソ戦を迎えます。いずれのチームも中国から帰国後、一旦本拠地へ帰った後、再び大阪へ遠征してきたわけです。広島はターンオーバーをしたので選手に連戦の疲れはなかったわけですが、浦和はほぼベストメンバーで中国遠征をしたので疲労感がたっぷりだと思います。

本日の試合を最後に代表ウィークに入りますが、セレッソ大阪からはU20日本代表にGK茂木秀、DF瀬古歩夢、MF西川潤の3名が選出されています。またかつてセレッソに所属していたDF喜田陽、MF鈴木冬一も選ばれており大所帯となります。若い力が続々代表の座をつかんでおり育成の成功と明るい未来が見えています。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「山の上だから平地よりもグッと寒いですよ」セレッソプレビュー JLC-2 対ヴィッセル神戸 [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ メンバー一新でリマッチです 

[対戦カード] ヴィッセル神戸 - セレッソ大阪
(13日19時 神戸市・総合運動公園ユニバー記念競技場)

[ここまでの順位]
4位 セレッソ大阪 勝点0 0-0-1 1得点 2失点
2位 ヴィッセル神戸 勝点1 0-1-0 2得点 2失点

[みどころ]
土曜日のセレッソ大阪はホームでサンフレッチェ広島と対戦し、0-1で敗戦。DFヨニッチとGKキムジンヒョンの連係ミスを突かれ失点、その後はDFラインを固める広島に対して何度も攻撃を仕掛けましたが決定機を決めきることができず連敗となりました。DFはこのミスによる1失点ですが何より問題なのは得点が取れないことでこれはとても深刻な問題です。

対戦相手を意識したであろうMFソウザを前線で起用する布陣で臨みましたが結果を出すことができず、57分にFW都倉賢投入以降の方が好機を多く演出しました。長年センターFWとしてプレーし確固たる地位を築いた都倉に一日の長があることは当然ではありますが、相手の弱点を突くための起用ですのでスタメン選手は戦術の意図を汲み取り勝利をつかむために全力でプレーしてほしいところです。

今日はカップ戦ですので大幅にメンバーが入れ替わりこれまで出場機会の少なかった選手や若手選手の起用が予想されます。U23ではブラジル短期留学を経験したFW山田寛人が2得点を挙げて結果を出しました。GK茂木秀も好セーブを連発し勝利に貢献しました。トップチームが勝てない現状では次代のスター登場が期待されるところ。今を信じて明日に輝くスター登場を期待します。

[対戦相手]
日曜日のヴィッセル神戸はアウェイでベガルタ仙台と対戦し、3-1で快勝。前半、早い時間に先制を許したものの見事な崩しから同点に追いつき、後半は開始20秒ほどでFWイニエスタ-FWビジャの好連係で逆転に成功、その後も追加点を奪いスター軍団の本領発揮で2連勝としました。復興祈念試合として行われましたが震災から24年目の神戸が8年目の仙台に勝利したことになります。

今日はカップ戦ですのでVIPトリオのスタメンは期待薄です。ですが前回のカップ戦・名古屋相手に2得点のFWウエリントンの出場が予想されます。国内3チーム目で計7シーズンプレーしており、およそ150試合出場で60点近く取っている実績があります。日本サッカーを熟知していてVIPトリオの力を借りなくても得点を奪える実力は十分です。

[そのた]
来季からの加入が内定しており特別指定されている現役高校生MF西川潤がメンバーに選ばれているようです。出場し得点をあげれば史上3番目の若さとなるそうです。過度な期待をしすぎることはよくないですが、世代ナンバーワンと言われるプレーが見られるかと思うとワクワクします。背番号はここ神戸を本拠地としたイチローと同じ51番です。

今日の試合は、かつての神戸の本拠地であるユニバー記念競技場で行われます。神戸市営地下鉄ですと三宮駅から20分ほどかかる山の上です。近くに新幹線が走っているのがトンネルの隙間から見ることもできます。標高が高いので当然平地よりも寒くなります。平日ナイターですので防寒対策をしっかりしておかないと寒い思いをすることになるでしょう。




LIFE アンドレス・イニエスタ自伝

LIFE アンドレス・イニエスタ自伝

  • 作者: アンドレス・イニエスタ
  • 出版社/メーカー: 東邦出版
  • 発売日: 2017/02/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



イニエスタ スペインの天才サッカー選手 (スポーツノンフィクション サッカー)

イニエスタ スペインの天才サッカー選手 (スポーツノンフィクション サッカー)

  • 作者: マッツ・オールドフィールド
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/10/04
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「お口の恋人はOKなんですか?」セレッソプレビュー J1-3 対 サンフレッチェ広島 [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 未勝利記録をストップはさせない 

[対戦カード] セレッソ大阪 - サンフレッチェ広島
(9日14時 大阪市・ヤンマースタジアム長居)

[予想メンバー]
FW 都倉・柿谷
MF 丸橋・清武・ソウザ・奥埜・舩木
DF 木本・ヨニッチ・山下
GK キムジンヒョン

[ここまでの順位]
10位 セレッソ大阪 勝点3 1-0-1 1得点 2失点
11位 サンフレッチェ広島 勝点2 0-2-0 1得点 1失点



[みどころ]
水曜日のセレッソ大阪は大分トリニータとアウェイで対戦し、1-2で逆転負け。前半幸先よく新加入FWメンデスの得点で先制をしましたが後半は一方的に守勢に回る展開となり持ちこたえてはいたものの終了間際に2点を奪われ逆転されました。シーズン序盤で戦術の徹底が十分でないこと、3人の交代枠を70分までに使い切り逃げ切るアイデアが欠乏したことが影響しました。

この試合ではU21枠でDF瀬古歩夢がスタメンフル出場し存在感を見せました。将来が嘱望されている若手としてDF舩木翔とともにロティーナ監督が期待を寄せる選手です。実力のほどは世代別代表などですでに知られていましたが堂々のプレーで大物ぶりを見せました。今日の試合で出場することは難しいかもしれませんが特別指定のMF西川潤も含めて来週水曜日のカップ戦での先発が予想されます。

[対戦相手]
火曜日のサンフレッチェ広島はアウェイで広州恒大と対戦し、0-2で敗戦。先週末からスタメンを総入替えし挑んだ一線でしたが早い時間に2失点を喫しアウェイで追いかける厳しい展開となりました。後半は広州の足が止まってきたこともあり幾度かチャンスがありましたが決めきれませんでした。レギュラークラスが出場していれば・・と思える場面も後半は見られただけに残念です。

ACLでは得失点差よりも当該チーム間の成績が優先されるので広州アウェイでは無理しないことも理解できます。強豪・広州との2試合を捨てても、残りの2チーム相手の4試合に勝利すれば1次リーグ突破は可能だからです。とはいえ日本を代表して出場しているので全ての試合で全力で立ち向かってほしいという気持ちもあります。

広島は昨年の9月1日にホームで鹿島アントラーズに勝利して以来、リーグ戦では11戦未勝利となっています。前半の貯金があり昨シーズンは通算2位で終えることができましたが、ステージ制であれば2ndステージは下位に低迷していたわけです。今季もここまで清水・磐田にホームで引分けて未勝利が続いており、まさか今日の試合でこの記録が途切れるとは思えません。

[そのた]
今週末からいよいよJ3リーグが開幕します。セレッソ大阪U23は日曜日にホームでアスルクラロ沼津と対戦します。昨季はトップチームとU23チームの交流がほとんどないシーズンとなりましたが監督が代わり今季はどのような扱いになるのか注目したいところ。若い選手が実戦で力を付ける貴重な場ではありますが出場機会の少ないトップ選手の調整にもうまく活用してほしいところです。

今日の大阪は、ヤンマースタジアム・パナソニックスタジアムでJ1リーグが開催され、京セラドームではオリックス対巨人と野球日本代表の試合がダブルヘッダーで行われます。中央体育館ではチアリーディング西日本大会があり、府立体育館では明日から始まる大相撲の準備が進んでいます。大阪に春の訪れが近いことが感じられるスポーツ盛り沢山の一日となりますね。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「再びあの頂点を目指します」セレッソプレビュー JLC-1 対大分トリニータ [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ あの頂点へもう一度・・ 

[対戦カード] 大分トリニータ - セレッソ大阪
(6日19時 大分市・昭和電工ドーム)


[みどころ]
先週のセレッソ大阪はアウェイで名古屋グランパスと対戦し、0-2で敗戦。守備的布陣で強力攻撃陣に仕事をさせない時間が続きましたが少しのほころびからFW赤崎秀平に得点を許し、試合終了間際にもパスミスから追加点を奪われ無得点のまま敗戦となりました。相手にボールを持たれる時間が長く僅かなミスでも失点につながるという厳しい戦いでした。

開幕戦のVIPトリオにつづき名古屋戦でもジョー・シャビエルというワールドクラスの外国人選手の抑え込みに成功しましたが交代出場した伏兵に失点を喫しました。控えに有力な選手がいなかった神戸とスーパーサブがいた名古屋との違いが出た格好です。守備面では及第点の結果が続いており後は攻撃の連携を高めることが求められます。

今日はカップ戦でメンバーもガラリと入れ替わる可能性があります。名古屋戦で控えメンバー入りしたDF瀬古歩夢らU23チームで研鑽を積んでいる若手選手たちにチャンスが回ってくることが予想されます。東京時代から若手選手の抜擢には定評のあるロティーナ監督ですのでどんな布陣で挑むのか注目が集まるところです。17年大会から2大会連続している決勝ラウンド進出を今季も継続させましょう。

[対戦相手]
先週の大分トリニータはホームで松本山雅と対戦し、0-1で敗戦。J2からの昇格チーム同士の戦いとなりましたが、昨季優勝の松本が昨季2位の大分から勝利を奪いました。セレッソユース出身でかつて大分にも所属していたFW永井龍による得点で一般的に「恩返し弾」と言われてはいますが、くらったチームにとっては悔しい失点であることは言うまでもありません。

開幕戦でアジア王者の鹿島に敵地で勝利するという大金星を挙げた大分ですが、鹿島戦で得点を奪ったFW藤本憲明が厳しいマークにあうと攻撃が続きませんでした。大分もカップ戦でメンバーの入替えが想定されます。近年ユース世代が力を付けており九州内では評判が高いのでまだ無名ながらも優秀な若手選手がいる恐れがあり注意が必要です。

大分は2008年大会でセレッソは2017年大会で優勝しているカップウイナー同士の対戦となります。再びこのタイトルの頂点に立つための激しい戦いが繰り広げられることと思います。平日開催の予選ラウンドなので注目度が極めて低いのは否めませんが、シーズン序盤の多くの選手を試す時期で急成長する新星が見つかる可能性があります。注目してチェックしたいところです。

[そのた]
大分との対戦は大分がJ3時代の2016年にU23が対戦して以来となります。そのときのU23のメンバーで現在も在籍しているのは、MF丸岡満・西本雅崇、FW斧澤隼輝の3選手だけで後は移籍などで退団しています。3シーズン前とはいえU23は選手の入れ替わりが激しいというのがよくわかります。

大分トリニータの本拠地「大分スポーツ公園陸上競技場」は今シーズンから「昭和電工ドーム」と新しい命名権が与えられました。リーグ戦では先週末の松本戦がこけら落としでしたが、カップ戦では今日の試合が最初の試合となります。昭和電工ドームのカップ戦の歴史に最初の勝利を刻みこみましょう。


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「今日、楢崎正剛と岩瀬仁紀、名古屋を代表する選手の引退セレモニーが行われます」セレッソプレビュー J1-2 対 名古屋グランパス [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 連勝スタートなるか 

[対戦カード] 名古屋グランパス - セレッソ大阪
(2日14時 名古屋市・瑞穂陸上競技場)

[ここまでの順位]
5位 セレッソ大阪 勝点3 1-0-0 1得点 0失点
1位 名古屋グランパス 勝点3 1-0-0 4得点 0失点



[予想メンバー]
FW メンデス・柿谷
OMF 清武・水沼
DMF ソウザ・奥埜
DF 丸橋・ヨニッチ・山下・松田
GK キムジンヒョン

[みどころ]
開幕戦のセレッソ大阪はヴィッセル神戸とホームで対戦し、1-0で勝利。VIPトリオが揃って先発した神戸との対戦は平日ナイターにも関わらず満員となり大盛況でした。後半メンバーチェンジから活路を見出しCKの流れからDF山下達也が今季Jリーグファーストゴールとなるヘディングシュートを決め、その一点を守り切り勝利をつかみました。

山口とのプレマッチやキャンプでの練習試合と大幅にスタメンが入れ替わり、J1リーグ初出場の3年目DF舩木翔が本職の左SBではなく中盤で起用されるなど監督が代わり人心一新という姿勢が見られました。どのようにすれば対戦相手から勝点を奪えるのかを研究した結果の布陣や戦術を採用しており、ヨーロッパの知将が新しい風をチームに吹かしているといえます。

今日の試合についても、今週多くの時間を非公開練習に充てていたためどんなメンバーでどんな戦術を採るのか予想が困難な部分が大きいです。開幕戦とはガラリとメンバーが入れ替わる可能性もあります。そもそも3バックか4バックかもわからないくらいですので。まずは活況な名古屋攻撃陣を抑え込むところからメンバー構成を考えているはずです。

[対戦相手]
開幕戦の名古屋グランパスはサガン鳥栖とアウェイで対戦し、4-0で快勝。後半途中から相手が戦意喪失したこともあり終盤に立て続けに得点を挙げることができました。昨年は降格争いをしましたが今季は優勝争いをすると予想する人も多く、その点からいくと前評判通りに攻撃陣が機能し最善の結果を出した一戦だったといえるでしょう。

また攻撃陣に注目が集まりがちですが、MF米本拓司とMFシミッチの中盤コンビは共に移籍加入で昨年までこのチームにいませんでしたが、早くも好連携を見せ開幕戦では中盤を支配しました。FC東京では故障がちで芽が出なかった米本は環境を変え輝きを取り戻しています。いつの時代も上位進出するチームには良い中盤の選手がいるわけですからこの2人の今後の活躍に注目が集まります。

昨年はアウェイでスコアレスドロー、ホームで0-1で敗戦と、下位に低迷した名古屋に対して勝点4を与えた形になっています。開幕戦勝利チーム同士の対戦はこのカードしかありません。開幕からの連勝を伸ばしロケットスタートを決めることができるのはどちらのチームか注目が集まる一戦となることでしょう。

[そのた]
この試合の開始前、12時40分からは元日本代表GK楢崎正剛の引退セレモニーが行われます。おそらく引退を発表してから表舞台に出るのは今日が初めてとなるはずです。どのような挨拶をするのか注目が集まるところですし、別れを惜しむ名古屋サポーターは早めに来場してこのセレモニーも楽しみにしていることでしょう。

時同じくして、ナゴヤドームでは岩瀬仁紀投手の引退セレモニーが行われます。こちらは14時試合開始で試合後にセレモニーが予定されているので16時半よりは遅い時間になると推測されます。サッカー観戦後、急いでドームへ移動すれば楢崎・岩瀬両選手の引退セレモニーを見られることと思います。名古屋のプロスポーツ界をけん引したレジェンドの最後を見届けたいですね。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「NMBはゲストですが、たこ虹はファミリーです」セレッソプレビュー J1-1 対 ヴィッセル神戸 [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 新たなチームの船出です 

[対戦カード] セレッソ大阪 - ヴィッセル神戸 (22日19時半 大阪市・ヤンマースタジアム長居)

[予想メンバー]
FW メンデス・柿谷
OMF 清武・水沼
DMF ソウザ・奥埜
DF 丸橋・ヨニッチ・山下・松田
GK キムジンヒョン

[みどころ]
先週のセレッソ大阪はアウェイでレノファ山口と対戦し、0-1で敗戦。主力FW柿谷曜一朗を欠く布陣ではありましたが下部リーグ所属チームに敗れるという開幕前にして暗雲立ち込める結果となりました。しかしながら内容ではキャンプ以来取り組んでいる「つなぐ」サッカーを見せることができましたし、何度も決定機を跳ね返す守備陣の堅さは昨年来変わらずでした。

キャンプでは別メニューが続いていたキャプテンMF清武弘嗣が途中出場で戦列に復帰しました。本人は「想定内」と既定路線を強調していましたが実際のところは急ピッチで調整したものと思います。開幕戦に出場したいという意気込みが感じられて良いのですが近年は故障がちなため無理は禁物です。またFW都倉賢も途中出場を果たし前線で存在感あるプレーを見せることができました。

満員の観客の中行われる2019年シーズンの、Jリーグ全体で見ても開幕戦となる試合で世間の注目度も高くなっています。ワールドクラスのスターを買い集めた神戸に勝利することができれば、サッカーに興味のない層にもセレッソの名前が浸透していき、次回以降の観客動員にも好影響を与えることでしょう。今日の一勝は特別なものとなると思ってしっかり戦ってほしいです。

[対戦相手]
今シーズンのヴィッセル神戸は米国と沖縄でキャンプを実施、米国ではJリーグチームでは初となるツアー形式でプレシーズンマッチを重ねていきました。天候不良により中止になった試合もありましたが、新しい試みを一定の成功に導いたことは評価できますし、後に続くチームにとってよい例となったと思います。

VIP(ビジャ・イニエスタ・ポドルスキ)を中心とした攻撃陣は充実していますしそこにパスを供給するのは元日本代表MF山口蛍と豪華すぎる布陣です。それに比べると昨年も不安感があったDF陣はメンバーの上積みはあったもののプレマッチでも4失点を喫した試合があり不安感を払しょくするに至っていません。ここが付け入るスキであることは間違いありません。

一昨年はリーグ・カップ・天皇杯で4連勝しましたが、昨シーズンはリーグで1分1敗と苦渋をなめる結果となっています。全国のサッカーファン・サポーターが注目を集めるJリーグの開幕試合というだけでなく、同じ関西に本拠地を置くライバルとして負けられない相手です。完成途上ではあると思われますがロティーナサッカーを表現し躍動する選手たちのプレーに期待しましょう。

[そのた]
開幕戦のゲストにはNMB48や木梨憲武がやってきて盛り上げてくれます。それ以外にも金Jに絡んだ先着プレゼントなど盛りだくさんの企画が用意されています。平日のナイトゲームですがチケットは完売ということで熱く激しく盛り上がる試合になることが予想されます。

ところで、NMBのみなさまはあくまでゲストです。たこやきレインボーのみなさまは大切な家族です。セレッソチャンネルに登場し宮崎キャンプをレポートしてくれていますが、次回のホームゲーム以降でも各所でホームゲームを盛り上げてくれることでしょう。










nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「first impression」セレッソプレビュー PSM 対レノファ山口 [セレッソ大阪]



にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ J2だけには負けられない 

[対戦カード] レノファ山口 - セレッソ大阪 (17日14時 山口市・維新みらいふスタジアム)

[みどころ]
今シーズンのセレッソ大阪はタイと宮崎でキャンプを実施。タイにて提携クラブとプレシーズンマッチを行いましたが花試合でしたので実質的には今日の試合が今シーズンの公式戦初戦となります。監督が代わりどんな戦術を取るのか、またキャンプではDF舩木翔やFW安藤瑞季が抜擢されましたがどのようなメンバーで挑むのか注目が集まるところです。

これまでとは違い「つなぎ」を重視したサッカーを志向しており、キャンプ中の練習試合ではうまくいかないケースが多くありましたが実戦を多く積むことによりフィット感が高まり戦術の浸透も図られるものと思います。今日はあくまで練習試合ですので結果にこだわるのではなくどれだけやりたいサッカーができるかがポイントです。ですがJ2だけには負けられません。

2016年シーズンにはJ2リーグで対戦経験があり、ホームで2-4、アウェイで2-0と1勝1敗の結果を残しています。現在はセレッソに加入し攻撃陣の主力と位置付けられているMF福満隆貴が山口の選手としていずれの試合にも先発出場を果たしています。本日の試合でも左MFとして先発出場が有力視されています。

[対戦相手]
今シーズンのレノファ山口は2週間にも及ぶタイキャンプを実施し、2月11日にはサンフレッチェ広島とプレシーズンマッチを行い0-1で敗戦しています。7000人近い観衆を集めたこの試合では広島よりも多くのシュートを放ち十分に勝機のある展開でしたがMF柴﨑晃誠の一発に沈み敗戦となりました。お互いにGK以外すべての控えメンバーを起用した試合でした。

ロティーナヴェルディと山口の対戦は、維新で3-4、味スタで3-1と1勝1敗でした。いずれの試合も東京が2点を先制し優位に試合を進めたものの維新では4連続失点をくらい逆転負け。味スタでは終盤に1点ずつを取り合い逃げ切りに成功したというものです。フォーメーションはいずれの試合も4-3-3で挑んだと記録されています。

[そのた]
昨年はリーグ戦の開幕までに、スーパーカップ(対川崎)、ACL(対済州・広州)と3試合がありましたが、今年は今日の試合だけです。昨年は疲弊してシーズン開幕を迎えましたが今年はフレッシュな状態でシーズン開幕を迎えられるはずです。前評判は「未知数」という評価が多いですが評価を覆すような躍進に期待しています。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

JR九州ホテル熊本 [九州・沖縄]



JR九州ホテル熊本

2018年に実際に宿泊した宿泊施設のうち、オススメできる施設をポイントとともに紹介していきます。

[立地]熊本県熊本市西区春日3-15-15
JR・熊本市電熊本駅が目の前。高速バス・空港バス乗降場からもすぐ。

[オススメポイント]
熊本駅のお隣にあって交通至便。電車・バスのアクセスが豊富にあり移動が便利。
トレインビューの部屋からは朝、SL人吉の出発(10時頃)が見えて鉄道ファンにオススメ。
・チェックインのときにおしぼりがもらえて気持ちが良く癒される。
・室内は落ち着いた雰囲気で机が広くビジネス利用でも快適に滞在できる。
・朝食は熊本名物「だご汁和食」が食べられます。ほかに日替わり定食もあり。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ホテルルートイン大分駅前 [九州・沖縄]



ホテルルートイン大分駅前

2018年に実際に宿泊した宿泊施設のうち、オススメできる施設をポイントとともに紹介していきます。

[立地]大分県大分市金池町1-3-1
大分駅から徒歩3分。大分駅前の空港バス乗降場まで徒歩3分。

[オススメ ポイント!]
・大分駅や空港バス乗降場から近く、まさに駅前立地
・どんなプランを利用しても無料でバイキング朝食がついておりお得。
・大分スポーツ公園(ビッグアイ)行きシャトルバス乗り場が近くイベント利用時に便利。
・室内でWOWOWが見れるので退屈しません。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ホテルグランビューガーデン沖縄 [九州・沖縄]



ホテルグランビューガーデン沖縄


2018年に実際に宿泊した宿泊施設のうち、オススメできる施設をポイントとともに紹介していきます。

[立地]沖縄県豊見城市豊崎3-82
那覇空港から車で15分。アウトレットモールあしびなーから徒歩8分

[オススメ ポイント!]
・那覇空港からのアクセスがよい。道の駅豊崎やあしびなーからも徒歩圏
・道の駅豊崎からはセルラースタジアムの前を通るバスが出ていてキャンプ見学にも便利。
・あしびなーやその近隣にはA&Wやブルーシールがあり沖縄らしさを堪能できます。
・有名プロスポーツチームや女子レスリング日本代表チームも宿泊した由緒正しい宿です。
ツインルームはバルコニー付きで開放的な雰囲気が味わえます。
・夏季は館内のプールが無料で利用できるほか、美らSUNビーチまで徒歩圏でリゾート気分満喫で楽しめます。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -