So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

JR九州ホテル熊本 [九州・沖縄]



JR九州ホテル熊本

2018年に実際に宿泊した宿泊施設のうち、オススメできる施設をポイントとともに紹介していきます。

[立地]熊本県熊本市西区春日3-15-15
JR・熊本市電熊本駅が目の前。高速バス・空港バス乗降場からもすぐ。

[オススメポイント]
熊本駅のお隣にあって交通至便。電車・バスのアクセスが豊富にあり移動が便利。
トレインビューの部屋からは朝、SL人吉の出発(10時頃)が見えて鉄道ファンにオススメ。
・チェックインのときにおしぼりがもらえて気持ちが良く癒される。
・室内は落ち着いた雰囲気で机が広くビジネス利用でも快適に滞在できる。
・朝食は熊本名物「だご汁和食」が食べられます。ほかに日替わり定食もあり。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ホテルルートイン大分駅前 [九州・沖縄]



ホテルルートイン大分駅前

2018年に実際に宿泊した宿泊施設のうち、オススメできる施設をポイントとともに紹介していきます。

[立地]大分県大分市金池町1-3-1
大分駅から徒歩3分。大分駅前の空港バス乗降場まで徒歩3分。

[オススメ ポイント!]
・大分駅や空港バス乗降場から近く、まさに駅前立地
・どんなプランを利用しても無料でバイキング朝食がついておりお得。
・大分スポーツ公園(ビッグアイ)行きシャトルバス乗り場が近くイベント利用時に便利。
・室内でWOWOWが見れるので退屈しません。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ホテルグランビューガーデン沖縄 [九州・沖縄]



ホテルグランビューガーデン沖縄


2018年に実際に宿泊した宿泊施設のうち、オススメできる施設をポイントとともに紹介していきます。

[立地]沖縄県豊見城市豊崎3-82
那覇空港から車で15分。アウトレットモールあしびなーから徒歩8分

[オススメ ポイント!]
・那覇空港からのアクセスがよい。道の駅豊崎やあしびなーからも徒歩圏
・道の駅豊崎からはセルラースタジアムの前を通るバスが出ていてキャンプ見学にも便利。
・あしびなーやその近隣にはA&Wやブルーシールがあり沖縄らしさを堪能できます。
・有名プロスポーツチームや女子レスリング日本代表チームも宿泊した由緒正しい宿です。
ツインルームはバルコニー付きで開放的な雰囲気が味わえます。
・夏季は館内のプールが無料で利用できるほか、美らSUNビーチまで徒歩圏でリゾート気分満喫で楽しめます。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

那覇東急REIホテル [九州・沖縄]



那覇東急REIホテル

2018年に実際に宿泊した宿泊施設のうち、オススメできる施設をポイントとともに紹介していきます。

[立地]沖縄県那覇市旭町116−37 カフーナ旭橋内

[オススメ ポイント!]
・バス・タクシー・ゆいレールと那覇空港からのアクセス手段が豊富。いずれも10分程度。
・宿泊者専用ラウンジで無料のドリンクサービスが充実。カフェスタイルの朝食もおいしい。
客室はすべて高層階に位置し那覇市内を展望できる。特に夜景はきれい。
那覇バスターミナルが隣にあり沖縄各地へのアクセスが超便利。公共交通派に最適。
・ホテル1Fにローソンがあるほか、徒歩圏にかねひでやマックスバリュがあり便利。
読売巨人軍キャンプ地・セルラースタジアムまで徒歩20分。キャンプ見学にもおすすめ。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ベッセルホテルカンパーナ沖縄 [九州・沖縄]



ベッセルホテルカンパーナ沖縄

2018年に実際に宿泊した宿泊施設のうち、オススメできる施設をポイントとともに紹介していきます。

[立地]沖縄県中頭郡北谷町字美浜9番地22
美浜アメリカンビレッジに隣接して立地しており、空港バスの停留所があります。
レンタカー・タクシーを利用すると那覇空港から40分くらい。空港バスでも1時間くらいです。

[オススメ ポイント!]
・オーシャンビューの客室から沖縄屈指の美しさを誇る海やビーチが一望できる。
ホテルからビーチまで徒歩すぐ。客室内で着替えてビーチへ直行できます。
・高層階の展望風呂からは水平線広がる海を見ながら入浴できて気持ちが良い。
美浜アメリカンビレッジに徒歩で行ける。イオン、A&W、観覧車や北谷運動公園も徒歩圏で安心。
・ウェルカムドリンク(通年)とウェルカムアイスキャンデー(夏季限定)が無償で提供されている。
ホテル併設のローソンがありちょっとした買い物の用事が館内で済みます。
・沖縄市体育館やコザ運動公園(広島カープキャンプ地)までタクシーで15分程度。那覇市内からより圧倒的に近く便利。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

「誰のためにというわけではないけど8点差で勝ってみたいものです」セレッソプレビュー J1-34 対横浜Fマリノス [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 今年の最初と最後は同じ相手です 

[対戦カード] 横浜Fマリノス - セレッソ大阪
(1日14時 横浜市・日産スタジアム)

[予想メンバー]
FW 山村・杉本
OMF 清武・水沼
DMF 山口・ソウザ
DF 丸橋・ヨニッチ・山下・松田
GK キムジンヒョン

[ここまでの順位]
9位 セレッソ大阪 勝点47 12-11-10 37得点 37失点
12位 横浜Fマリノス 勝点41 12-5-16 55得点 54失点

[みどころ]
前節のセレッソ大阪はホームで柏レイソルと対戦し、0-3で敗戦。しっかり守備を固めて時折速い攻撃を見せる柏に手こずり、前半こそ無失点でしたが後半に相次いで失点し、終了間際にもダメ押し点を奪われ完敗となりました。柏にとってはおそらく今季ベストの試合だったと思いますが残念なことに他チームの結果に伴いJ2降格が決まりました。

昨季の9敗を上回る10敗目を喫してしまいましたが、リーグ戦の10回の敗戦に加えて天皇杯・ルヴァン杯の敗戦も完封負けだったので国内チーム相手の敗戦は全戦完封負けという恥ずかしい結果になっています。ちなみに唯一得点をあげての敗戦はACLでの広州恒大戦です。逆に言うと得点を挙げた試合では一度も負けていないわけですので何が何でも先制点が欲しいところです。

2013年12月7日に行われたクルピ体制での最終戦(アウェイ・浦和戦)では若手選手が躍動し内容を伴った好ゲームで勝利したことが記憶に新しいです。この日は、杉本・南野・柿谷・柿谷・南野で5得点を挙げましたがこの日得点を取った選手は後に全員日本代表に選ばれています。ユンジョンファン体制での最終戦も明るい未来を感じさせるような好ゲームに期待しましょう。

[対戦相手]
前節の横浜Fマリノスはアウェイでサガン鳥栖と対戦し、1-2で敗戦。この結果、下記に示したような条件で余裕があるとはいえ最終節に残留をかけて戦わなければならないことが決まりました。ちなみにW杯での中断前から勝敗が決する試合が続いており19試合連続で引分けがなく白黒つけています。これは珍しい記録だと思います。先日の代表戦でDF山中亮輔が負傷し今日の試合では出場が絶望的です。

今年最初の試合となる1月1日の天皇杯で対戦し(2-1で勝利)、Jリーグの開幕戦(1-1)でも対戦した相手と今季最後の戦いを繰り広げることとなります。2012年以来9戦負けなしと相性のいい相手ではありますがホーム最終戦に何としてでも勝利しよう、自力で残留を決めようと必死に挑んでくることでしょう。ユン体制2年間の集大成を見せられればいいですね。

[横浜のプレーオフ出場条件]
・横浜が8点差以上で敗戦
・名古屋対湘南が引分け
・川崎対磐田、鳥栖対鹿島で磐田・鳥栖が勝利または引分け

のすべてが成立した場合にプレーオフ出場が決まります。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「ありがとうの言葉をかみしめながら生きていきます、私なりに」セレッソプレビュー J1-33 対柏レイソル [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 沈まない太陽はないんです 

[対戦カード] セレッソ大阪 - 柏レイソル
(24日14時 大阪市・ヤンマースタジアム長居)

[予想メンバー]
FW 柿谷・杉本
OMF 清武・水沼
DMF 山口・ソウザ
DF 丸橋・ヨニッチ・山下・松田
GK キムジンヒョン



[ここまでの順位]
8位 セレッソ大阪 勝点47 12-11-9 37得点 34失点
17位 柏レイソル 勝点33 10-3-19 40得点 52失点

[みどころ]
10日のセレッソ大阪はホームで川崎フロンターレと対戦し、2-1で勝利。WINNERはセレッソでしたが、シーズンCHAMPIONは川崎といういずれのサポーターにとってもハッピーエンドな形で大団円を迎えました。後半ロスタイムにPKで追いつかれたもののMF山村和也の得点で突き放しての劇的な勝利でした。リーグ戦での複数得点は7試合ぶりですが、14戦連続で1失点以下と相変わらずDFは安定しています。

ユンジョンファン監督の退任が発表されました。この2年間でリーグ杯・天皇杯のタイトルは獲得したもののリーグ戦では昨季が上位とは差のある3位、今季は優勝争いから早々に離脱したの中位となっています。一部選手との確執も報じられ、これ以上の上積みは見込めないとの判断で妥当な選択と考えます。自身が連れてきた母国人FWヤンドンヒョンが不振を極めたことも求心力を低下させました。

中断期間中の代表戦でFW杉本健勇は2試合に出場したもののいずれも不発に終わりました。絶対エースの大迫に次ぐ存在としてアジア杯での代表入りを目指していますがアピール不足は否めません。代表でアピールできなかった分、チームに戻ってからしっかりアピールしてほしいところです。そのほかさいきん呼ばれていないMF清武弘嗣・山口蛍にも期待します。

早い段階での監督退任発表は再就職先を探す上で有利になるわけで、チームとしてできる最大限の誠意といえます。すでに国内だけでも長崎・鳥栖・福岡の新監督候補として名前が挙がっておりきっと来季もどこかのチームで指揮を執っていることでしょう。過去3シーズンつづけてホーム最終戦は白星で飾っており来季へ明るい展望が開けるようにしっかり白星で締めましょう。

[対戦相手]
6日の柏レイソルはホームで鹿島アントラーズと対戦し、2-3で敗戦。ACLの影響で変則日程となり、鹿島のメンバーは若手・控えメンバー中心となりましたが、セレッソと同様に鹿島に勝利することはできませんでした。そののち監督を解任し、わずか残り2試合(プレーオフに出ても3試合)ではありますが新監督に未来をゆだねることとなりました。

監督交代後、練習を一切公開していないためどんな布陣で臨むのかや新監督の志向する戦術など不明な点が多い状態です。内部昇格人事ですので大きな変化はないという見方もできますが、数試合を戦い抜くためのスペシャルな奇襲を考えてくる可能性もあり実際にメンバーが発表になり試合が始まらないことには未知数でとても難しい相手との対戦といえます。

元々昨季はセレッソのすぐ下、リーグ4位でしたし天皇杯でも準決勝へ進出したほどの実力あるチームです。今季つまづいた原因はいくつかあるのでしょうが「残留」に向けて気持ちをひとつにできれば、地力のあるチームで結果は残せるかもしれません。

[柏の降格条件]
柏が敗戦の場合・・降格
柏が引分けの場合・・湘南、名古屋、鳥栖の全てが勝利か引分けで降格
柏が勝利の場合・・湘南、名古屋、鳥栖の全てが勝利で降格

なお今節は、湘南-浦和、広島-名古屋、鳥栖-横浜がいずれも14時開始となっております。



太陽は沈まないのだ―西山又二歌集 (1970年)

太陽は沈まないのだ―西山又二歌集 (1970年)

  • 作者: 西山 又二
  • 出版社/メーカー: )無何有亭
  • 発売日: 1970
  • メディア: -





太陽は沈まない (1978年) (春陽文庫)

太陽は沈まない (1978年) (春陽文庫)

  • 作者: 富島 健夫
  • 出版社/メーカー: 春陽堂書店
  • 発売日: 1978/04
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「一年でこんなに差がつきました」セレッソプレビュー J1-32 対川崎フロンターレ [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 一年で差がついてしまいました 

[対戦カード] セレッソ大阪 - 川崎フロンターレ
(10日14時 大阪市・ヤンマースタジアム長居)

[予想メンバー]
FW 柿谷・杉本
OMF 高木・水沼
DMF 山口・ソウザ
DF 丸橋・ヨニッチ・山下・田中
GK キムジンヒョン



[ここまでの順位]
8位 セレッソ大阪 勝点44 11-11-9 35得点 332失点
1位 川崎フロンターレ 勝点63 19-6-6 52得点 24失点

[みどころ]
火曜日のセレッソ大阪はホームで名古屋グランパスと対戦し、0-1で敗戦。リーグ戦では6戦連続で1得点以下、10月以降は4戦でわずかに1得点と攻撃陣がふるわず敗戦でした。これによりACL圏の3位は絶望的となり、降格の可能性もほぼ消えているため今季の目標を失うこととなりました。

何とか相手ゴール付近までボールをつないだとしてもそこからが単調であったり人任せであったりして突き抜ける強さに欠けています。DF陣はリーグ戦13試合連続で1失点以下と踏みとどまっているだけに、MF清武弘嗣やMF山村和也がケガのため面子は揃わないとはいえ、攻撃の形を作り何とか得点を・・というのが現状です。

川崎との対戦は現在。ルヴァン杯決勝、スーパー杯、リーグ戦と3連勝中です。リーグ戦に限ると2017年はわずかに4敗、今季は6敗の川崎が2年続けて敗戦したチームは横浜とセレッソだけですので比較的相性も良いといえるでしょう。NHK地上波で放送される大一番です。ここで勝利してセレッソここに在りというのを見せましょう。

[対戦相手]
先週末の川崎フロンターレはホームで柏レイソルと対戦し、3-0で快勝。前半に2得点をあげ試合を優位に進め終了間際にダメ押し点をあげ優勝まであと1勝としました。W杯中断明けから広島に急ブレーキがかかったこともありますが川崎自身も2位グループから抜け出す強さを見せており優勝は目前といったところです。

衰えを見せないMF中村憲剛が中盤からチームを支え続け、破壊力のある攻撃陣と鉄壁のDF陣を鼓舞し相乗効果を生んでいます。昨年のリーグ優勝が初タイトルであったのがウソのようにチームが円熟期を迎え常勝ムードがただよっています。現状でスキを見つけることは困難であり勝利をつかむことは至難の業と言えるでしょう。

[川崎の優勝条件]
川崎が勝利の場合・・優勝
川崎が引分けの場合・・広島が引分けまたは敗戦で優勝
川崎が敗戦の場合・・広島も敗戦で優勝

なお広島は同時刻開始でホームで10位・ベガルタ仙台と対戦します。



入社1年目で差がつく 社会人の常識とマナー

入社1年目で差がつく 社会人の常識とマナー

  • 作者: 、
  • 出版社/メーカー: ナツメ社
  • 発売日: 2017/03/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



入社1年目で差がつくパソコン術: 20代で「結果を出す人」の教科書 (知的生きかた文庫)

入社1年目で差がつくパソコン術: 20代で「結果を出す人」の教科書 (知的生きかた文庫)

  • 作者: 中山 真敬
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2012/03/20
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「火曜日ですがサッカーがありますよ〜」セレッソプレビュー J1-28 対名古屋グランパス [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 目標を見失っても勝利は求めます 

[対戦カード] セレッソ大阪 - 名古屋グランパス
(6日19時 大阪市・キンチョウスタジアム)

[予想メンバー]
FW 柿谷・杉本
OMF 高木・水沼
DMF 山口・ソウザ
DF 丸橋・ヨニッチ・山下・田中
GK キムジンヒョン



[ここまでの順位]
8位 セレッソ大阪 勝点44 11-11-8 35得点 32失点
16位 名古屋グランパス 勝点34 10-4-16 47得点 54失点

[みどころ]
先週水曜日のセレッソ大阪はアウェイで鹿島アントラーズと対戦し、0-1で敗戦。ACL決勝を前に控えメンバー中心で臨んだ鹿島に苦戦し得点が奪えずCKからの失点で敗戦となりました。MF清武弘嗣が直前で離脱し攻撃陣の厚みが失われ単調になってしまいました。また要所でMF小笠原満男やDF昌子源がチームを引き締め効果的でした。

日曜日のJ3秋田戦でFW米澤令衣がチーム史上初となるハットトリックを達成しました。持ち前の抜け出しに妙味がありかつてレンタル移籍していた「古巣」相手に恩返しをした形となります。J3の試合からは中1日となるので今日の試合で抜擢されることはないと思いますが、伸び始めた若い芽はしっかり育んでいきたいところです。

5月にアウェイで対戦した際にはシュートわずかに3本に抑えましたが攻撃陣が不発でスコアレスドローに終わっています。天候が悪く後半途中には視界が見えないくらいの大雨となる悪コンディションも影響したかと思います。なお名古屋はW杯中断期間に大型補強を行っており参考にできる部分は少ないかもしれません。

[対戦相手]
土曜日の名古屋グランパスはホームでヴィッセル神戸と対戦し、1-2で敗戦。神戸のワールドクラスの外国人選手に本領を発揮され痛い敗戦となりました。これにより暫定16位に転落となりました。W杯中断明けは補強に成功し一時はチーム状態が上向きかと思われましたが再び下降線をたどっています。

神戸戦ではFW玉田圭司が通算99得点目をあげました。古巣相手にメモリアルゴールを狙ってくるでしょうから簡単にやられないようにしましょう。また元ブラジル代表FWジョーはさいきん調子を落とし気味ですがJ1トップクラスの破壊力がありますのでここも抑える必要があります。彼らを操る司令塔MFガブリエルシャビエルも要警戒です。

[そのほか]
本来は9月の磐田戦がトップチームにとってのキンチョウラストマッチの予定でしたが、台風の影響による日程変更で今日の試合が本当のラストマッチとなりました。ユンジョンファン監督就任以降の2年間でこのスタジアムではわずかに1敗(17年9月仙台戦・1-4)しかしていません。ほぼ無敵のホームスタジアムのラストを勝利で飾りましょう。






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「今更ですが勝てば残留が確定します」セレッソプレビュー J1-31 対鹿島アントラーズ [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 相手のメンバーが気になります 

[対戦カード] 鹿島アントラーズ - セレッソ大阪
(31日19時 鹿嶋市・県立サッカースタジアム)

[予想メンバー]
FW 柿谷・杉本
OMF 高木・水沼
DMF 山口・ソウザ
DF 丸橋・ヨニッチ・木本・田中
GK キムジンヒョン

[ここまでの順位]
7位 セレッソ大阪 勝点44 11-11-7 35得点 31失点
5位 鹿島アントラーズ 勝点46 13-7-10 43得点 37失点

[みどころ]
20日のセレッソ大阪はアウェイでFC東京と対戦し、1-0で勝利。時ならぬ大雨の中で行われた試合でしたがMF清武弘嗣のダイレクトボレーが芸術的にネットを揺らし勝ち切ることができました。「得意の形」と本人が語るように、浮かさずふかさず絶妙の力加減で鮮やかに決めるところは世界を相手に戦ってきた選手だなという印象を持ちました。

前節の試合では今季不調が続きスタメン落ちする試合も多かったMF水沼宏太が活躍を見せました。得点には至りませんでしたが精度の高いクロス、切れのあるドリブルなど輝きを取り戻したかのようなプレーを見せ、清武の得点も水沼のシュートが基点となり生まれたものでした。昨シーズンの躍進の原動力の一人ともいえる存在なので終盤戦の好調に期待したいところです。

前節では下位チームも勝ち点を積み重ねたためJ1残留を確定することはできませんでしたが、16位のサガン鳥栖が4試合を残して勝点33ですので、今日の試合で勝てば文句なしに残留となります。また3位コンサドーレ札幌は勝点48ですので今日の勝利でACL圏へ肉薄することとなり最後までリーグ戦を楽しむことができるようになるでしょう。

[対戦相手]
24日の鹿島アントラーズはアウェイで水原三星ブルーウィングスと対戦し、3-3の引分け。ホームで勝利していたため1勝1分でACL決勝進出を果たしました。一時は1-3と絶体絶命の状況に陥りましたが相伴に2得点を挙げて見事に形勢逆転しました。過去に決勝トーナメントを勝ち進んだ経験のなかったチームが決勝戦まで進めたのでここはぜひ優勝を狙ってほしいところ。

一方で決勝戦は11月3日にホームで、10日にアウェイでペルセポリス(イラン)と対戦します。ACLに全勢力を傾注するのであればその間にある今日の試合、6日のアウェイ・柏戦をどのようなメンバーで挑むのかに注目が集まるところです。ターンオーバーし主力を休ませるのか、あるいはいつもの鹿島のように過密日程でもフルメンバーで来るのか予想が難しいです。

[そのほか]
21世紀になってからカシマスタジアムでのリーグ戦成績は5勝6敗ですが現在2連勝中です。今世紀の勝利はすべて完封勝ちなので、逆に言うと鹿島が得点を挙げた場合は全て負けているということになります。またこのカードは敵地では引分けが一度もなく完全決着しています。アントラーズが高勝率を誇るこのスタジアムで互角の戦いができているのは特筆すべきことです。



鹿島セントラルホテル

鹿島セントラルホテル

  • 場所: 茨城県神栖市大野原4-7-11
  • 特色: 訪れる人すべてに充実のアメニティを提供しています



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -