So-net無料ブログ作成

「誰のためにというわけではないけど8点差で勝ってみたいものです」セレッソプレビュー J1-34 対横浜Fマリノス [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 今年の最初と最後は同じ相手です 

[対戦カード] 横浜Fマリノス - セレッソ大阪
(1日14時 横浜市・日産スタジアム)

[予想メンバー]
FW 山村・杉本
OMF 清武・水沼
DMF 山口・ソウザ
DF 丸橋・ヨニッチ・山下・松田
GK キムジンヒョン

[ここまでの順位]
9位 セレッソ大阪 勝点47 12-11-10 37得点 37失点
12位 横浜Fマリノス 勝点41 12-5-16 55得点 54失点

[みどころ]
前節のセレッソ大阪はホームで柏レイソルと対戦し、0-3で敗戦。しっかり守備を固めて時折速い攻撃を見せる柏に手こずり、前半こそ無失点でしたが後半に相次いで失点し、終了間際にもダメ押し点を奪われ完敗となりました。柏にとってはおそらく今季ベストの試合だったと思いますが残念なことに他チームの結果に伴いJ2降格が決まりました。

昨季の9敗を上回る10敗目を喫してしまいましたが、リーグ戦の10回の敗戦に加えて天皇杯・ルヴァン杯の敗戦も完封負けだったので国内チーム相手の敗戦は全戦完封負けという恥ずかしい結果になっています。ちなみに唯一得点をあげての敗戦はACLでの広州恒大戦です。逆に言うと得点を挙げた試合では一度も負けていないわけですので何が何でも先制点が欲しいところです。

2013年12月7日に行われたクルピ体制での最終戦(アウェイ・浦和戦)では若手選手が躍動し内容を伴った好ゲームで勝利したことが記憶に新しいです。この日は、杉本・南野・柿谷・柿谷・南野で5得点を挙げましたがこの日得点を取った選手は後に全員日本代表に選ばれています。ユンジョンファン体制での最終戦も明るい未来を感じさせるような好ゲームに期待しましょう。

[対戦相手]
前節の横浜Fマリノスはアウェイでサガン鳥栖と対戦し、1-2で敗戦。この結果、下記に示したような条件で余裕があるとはいえ最終節に残留をかけて戦わなければならないことが決まりました。ちなみにW杯での中断前から勝敗が決する試合が続いており19試合連続で引分けがなく白黒つけています。これは珍しい記録だと思います。先日の代表戦でDF山中亮輔が負傷し今日の試合では出場が絶望的です。

今年最初の試合となる1月1日の天皇杯で対戦し(2-1で勝利)、Jリーグの開幕戦(1-1)でも対戦した相手と今季最後の戦いを繰り広げることとなります。2012年以来9戦負けなしと相性のいい相手ではありますがホーム最終戦に何としてでも勝利しよう、自力で残留を決めようと必死に挑んでくることでしょう。ユン体制2年間の集大成を見せられればいいですね。

[横浜のプレーオフ出場条件]
・横浜が8点差以上で敗戦
・名古屋対湘南が引分け
・川崎対磐田、鳥栖対鹿島で磐田・鳥栖が勝利または引分け

のすべてが成立した場合にプレーオフ出場が決まります。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。