So-net無料ブログ作成

「月が替われば監督交代ブーストも終了です」セレッソプレビュー J1-14 対サガン鳥栖 [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ GET AT WIN! 

[対戦カード] サガン鳥栖 - セレッソ大阪
(1日16時 鳥栖市・駅前不動産スタジアム)

[予想メンバー]
FW メンデス・柿谷
MF 清武・奥埜・藤田・水沼
DF 丸橋・木本・ヨニッチ・松田
GK キムジンヒョン

[ここまでの順位]
9位 セレッソ大阪 勝点17 5-2-6 11得点 9失点
14位 サガン鳥栖 勝点13 4-1-8 6得点 17失点

[みどころ]
先週のセレッソ大阪はホームでFC東京と対戦し、1-0で勝利。ここまで無敗の首位チームに対して堂々の戦いぶりをみせ初めての黒星をつけることに成功しました。DFラインから多くのパスをつないて揺さぶりをかけ、右サイドを攻め上がったDF松田陸のクロスからFWブルーノメンデスがヘッドで得点しました。注目のMF久保建英をシュートゼロに抑えるなど守備面も安定していました。

令和になった5月は4勝1分1敗とようやく戦術が浸透し調子が上向いてきました。FW柿谷曜一朗やMFソウザがスタメン落ちする一方で、DF瀬古歩夢、MF舩木翔ら若手選手がスタメンを勝ち取る試合も出てきてチームが変わりつつあることがうかがえます。監督が描く理想像はもっと高いところにあるはずです。更なる変化でどのようにチームが強くなるのか注目です。

古巣相手によいプレーを見せるとサッカー界では「恩返し」といいます。前節の東京戦ではMF水沼宏太が躍動し、DF松田陸が得点につながるクロスをあげました。横浜Fマリノスでは目立った成績をあげることができず、栃木経由で鳥栖へ移籍した後にレギュラーに定着し着実にステップアップした水沼にとっては「恩返し弾」のチャンスです。

[対戦相手]
先週のサガン鳥栖はホームで鹿島アントラーズと対戦し、1-0で勝利。後半のラストプレーでカウンターからFW豊田陽平が劇的な得点をあげ監督交代後リーグ戦3連勝を飾りました。前監督時代はメンバー外になることもあった豊田ですが新監督の信頼は厚く、FWフェルナンドトーレスやFWイバルボよりも重用されていることを意気に感じてフレーできているようです。

昨年のこのカードは8月の真夏に行われ鳥栖が1-0で勝利しています。通算でも12試合で3-2-7と相性が悪く無得点試合も7試合あります。現在のセレッソは中位に甘んじていますが順位が上抜けするためには、調子を取り戻しつつあるとはいえ下位チームに取りこぼしていてはいません。前節で首位チームに勝利した勢いそのままに連勝といきたいところです。

[そのた]
セレッソ大阪堺レディースのFW宝田沙織がフランスで開催されるW杯の日本代表(なでしこジャパン)に初選出されました。堺レディースからの日本代表選出自体がはじめてのことでそれが世界最高峰の大会であるW杯というのは快挙と言えます。負傷で欠場するFW植木理子の補充選出ではありますが選ばれたからにはほかの選手と横一線と思い練習からしっかりアピールし出場を果たしてほしいです。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。